お金に関する事

楽天証券ETF買付時の手数料を実際に確認してみた

この記事は、楽天証券ETF買付時の手数料についてまとめています。

結論:約定代金の0.495%が手数料(2021.5.31時点)

僕は現在、楽天証券にてSPYDとHDVを毎月一定額買付しています。
上記2つの銘柄はETF(上場投資信託)と呼ばれるもので株の様な
取引で買い付けたり売ったりすることが出来ます。
今回は購入時の手数料が一体いくらかかっているのかについて
確認してみました。

引用元:https://www.rakuten-sec.co.jp/web/foreign/us/commission.html

基本的には約定代金の0.495%。2.22米ドル以下では0円。4444.45ドル以上では
22米ドルが上限となります。なので、手数料を抑える事だけに特化すれば資金を
まとめて、一気に購入が理想となりますが、僕のようなサラリーマンで4444.45ドル
→およそ48万円(為替レート109円として)以上の金額を一気に購入するのは、なか
なか難しいと思います。ちなみに僕は前述した通り、毎月一定額で購入と暴落時等
価格暴落した時に多く購入できる様、現金貯金といったハイブリット運用をしております。

こちらは僕の実際の注文履歴となります。実際の数字で確認してみましょう。
まず、上段の4/28約定した分です。
約定代金397.30×手数料0.495%(0.00495)を掛けると
≒1.96
注文履歴を確認してみますと
手数料1.78+税金0.17=1.95となり、算出した1.96と同等になりました。
なので、手数料と税金を合わせたものが0.495%となっている様です。

下段の5/26約定分でも一応確認してみます。
約定代金876.75×手数料0.495%(0.00495)を掛けると
≒4.33
手数料3.94+税金0.39=4.33となり、算出した4.33と同値になりました。

ただこの税金って何?と気になり調べてみたのですが、該当する回答を探し
きれませんでした。また、見つけたら記事にしますね。

それでは!