熱帯魚飼育

クダゴンベ(熱帯魚)ネット通販で購入してみた

この記事はクダゴンベ(熱帯魚)をネット通販にて購入し、水槽に放流するまでの手順(水合わせ)についてまとめています。

我が家の熱帯魚飼育状況

我が家では2021年2月よりカクレクマノミを2匹飼育しています。先日地元の水族館に行ってみると、気になるお魚と出会えました。
その名は『クダゴンベ』。カジキみたいにとがった口先と柄の綺麗さが気に入って購入する事にしました。

引用元:アクアハーミット クダゴンベ

普段は熱帯魚ショップで購入をしていますが、家から片道1時間近くかかり面倒と感じていた為、初めてネットから購入する事にしました。

購入前に考えたこと

①カクレクマノミとの相性
現在、水槽内には2匹のカクレクマノミが居る為、まずは相性の確認が必須です。いろいろと検索してみた所、カクレクマノミとの相性は良く混泳させても問題ないとの事でした。

引用元:アクアハーミット カクレクマノミ

②クダゴンベの同種混泳
以前、ロイヤルグラム1匹を投入しましたが、環境が合わず死んでしまった為、今回は2匹購入して寂しくない環境にしてあげたいと思いました。そこで、他サイトで情報収集してみると、クダゴンベ同士の混泳についてはOKだったりNGだったり回答が複数出てきました。悩みましたが、クダゴンベは気に入ったし、寂しい思いはさせたくないと感じたので2匹購入する事としました。

③水槽の大きさに対して入る魚の数
一般的には『水1リットルに対して体長1cmの魚』が目安となっているようです。我が家の水槽の容量は38リットル。
例えば、全長2cmの小魚の場合
38リットル÷2cm=19匹
19匹が飼育目安となります。

今回飼育するクダゴンベは最大全長は10cm、カクレクマノミは15cmです。
それぞれ2匹ずつ飼育した場合、最大全長のトータルは
10+10+15+15=50cm
となり、計算上50リットルの水槽が必要となる為、4匹の飼育はNGとなります。
ですが、最大全長での計算を考慮し4匹は大丈夫!!笑
と判断しました。

以上、①②③を考慮し?だいぶ主観が入ってますが購入することにしました。

ネット通販で購入してみた

楽天市場より翌日配達してもらえるショップを見つけた為、そこから購入しました。

クダゴンベ 4-6cm !海水魚 ゴンベ 餌付け 【PHセール対象】(t125
価格:2728円(税込、送料別) (2021/7/8時点)楽天で購入

翌日届いたものがこちら。中身はこんな感じになっています↓

水合わせして水槽に放流

いよいよ水槽に放流したい所ですが、まずは水合わせが必要となります。
水合わせとは、袋内の水質・水温と水槽の水質・水温では差がある為、その差をなくす事です。目的はお魚さんに急激な変化を与えないこと。ストレスがかかり病気等、体調不良に繋がります。  

手順①水温を合わす
30分程度、袋を水槽内に入れ、水温を合わせます。

手順②袋内の水を1/3捨てる→水槽の水を捨てた分入れる→10分ほど待つ
※この手順を3回程繰り返す。待ち時間が長すぎると、袋内のお魚さんが酸欠になる可能性があるので時間を伸ばしすぎない事。また、袋開封後、僕はテープで水槽に固定して流れない様にしています。

手順③放流
放流後はこの通り、仲良く元気に過ごしております。

まとめ

ネット通販での生き物購入にかなり不安がありましたが、届いたお魚さんも元気であり今後も利用してみたいと思いました。但し、真夏や真冬は温度変化が激しい為、個人的には時期は考慮したいと思いました。
カクレクマノミとも仲良くやっており、あとは餌をしっかり食べてくれれば嬉しい限りです。

それでは!